ソフトバンク光はヤマダ電機で申し込むのはもったいない!

 

ソフトバンク光はヤマダ電機などの家電量販店とキャンペーンサイトでは受け取れる額に大きな差があるんです!

 

 

キャッシュバックの金額だけで業者を判断するのは観点としては偏っているのですが、家電量販店のインターネット上の代理店などを比較した際にはキャッシュバックでもインターネット上の代理店の方がメリットがあります。というのも家電量販店の場合は人件費もかかるので、オプションも無駄なものの料金を支払わなければならないですし、キャッシュバックで受け取れる金額も店員の人件費になります。

 

 

人件費のためにキャッシュバックの受取金額が下がったり、無駄なオプションを付けなければならないというのは非常に大きなデメリットになります。

 

 

家電量販店で申し込むデメリット

 

店員からの情報というのは売り込むために顧客に情報提供を行っているので、偏っていて、客観的な判断には役立ちません。店舗での契約を選択した時点で、店員に言われるがままの契約になってしまうでしょう。不明点をインターネットで調べるということができないので、店員にメリットのある契約になってしまいます。キャッシュバックのためにオプションが大量にあるというのはかなり最悪な問題でしょう。それだけでも十分に家電量販店での契約がおすすめできない理由になるのですが、情報を得ることができないというのは非常に大きいです。

 

 

インターネット上の場合は、業者が提供している情報だけでなく口コミなどで客観的な情報を得るということができます。これは実際サービスの内容そのものの情報よりも重要なくらいで、業界内での評価というのはかなり参考になります。サービスのメリットというのはすぐにわかるのですが、逆にデメリットは業者は隠そうとします。なので、そこを探るというのが重要です。ホームページなどを見ても業者はデメリットはわかりにくくするのですが、口コミは客観的な意見なので、デメリットもメリットも等しく書きます。まとめサイトなどは誰がなんのために書いているのかというのが重要です。

 

 

ネット申し込み時の注意点

 

だいたいは広告収入のために儲けたい人が書いています。なので、広告を出す業者のことをひいきめに書いている場合が多いので、そこはマイナスして見る必要があります。だいたいは客観的な事実を書いているのですが、多少はやはり広告を出している業者を盛るという場合もあるでしょう。

 

なので、その書き手の意図を知るということは客観的に評価する上では重要ということなのです。また上述のことから複数のサイトを見て比較検討するということも大切でしょう。一つのサイトを見ても意見が偏っている場合が多いので、複数のサイトを見比べてその中から共通項を探します。何個か見ていれば、同じようなことが書いてあるので、その共通する部分はおおよそ正しいということになります。逆に言えばどこが偏っているかもわかるでしょう。これはインターネット回線に限らず何かのサービスを契約する際には使える手段です。使える手段というよりは普通の方法でしょう。

 

 

キャンペーンサイトはピンキリ

 

ただ広告収入目当てのサイトが多いので、そこは気を付けた方が良いでしょう。もちろん広告で押している業者と契約するのが良くないということではないのですが、あくまでも客観的に判断するというのが損を減らす上では重要です。インターネット回線のキャッシュバックのメリットなどは、好みの問題というよりは明らかに損得のあるものなので、客観的な判断が重要ということになります。逆に個人の感覚によるものは必ずしも客観的な意見というのは必要ないでしょう。
インターネット回線サービスを考える上ではキャッシュバックは非常に重要で、それはキャッシュバックの金額だけの話ではありません。キャッシュバックの受け取りの際の手続きや、オプションの条件というのもかなり重要なのです。というのも、キャッシュバックが高額であることを宣伝しているにも関わらず、実際は多くの人がキャッシュバックを受け取れていないという業者もあるのです。

 

 

これは最悪な手法なのですが、キャッシュバック受け取りの際の連絡メールを意図的にわかりにくくしたり、期限を極端に短くして、それを過ぎると通告なしにいっさいの受け取りを認めないというようにしています。キャッシュバックの受け取りは1年程度契約から期間が経っている場合が多いのですが、そのときにメールで受け取り手続きの詳細が送られたりします。なのですが、このメールの件名にもキャッシュバックの話が書いていなかったり、メールの前半部分はまったく関係のない話が書いてあるというようなカモフラージュがしてあります。また普段から多くのメールを送ることによって、メールを紛れさせるというような戦略も行っているのです。

 

万全に対策を立てて契約する必要があります。他にもオプションの条件が厳しいというような場合もあるので、情報が重要です。