ソフトバンク光の開通までの手順

キャンペーンを使えば誰でも工事費無料

 

 

ソフトバンク光は積極的にキャンペーンを行っているので、工事費無料という場合も多いです。また、フレッツ光のユーザーに対しては特に積極的に営業を行っているのですが、フレッツ光からソフトバンク光への乗り換えの場合はそもそも工事が不要です。

 

ソフトバンク光は光コラボレーション業者の一つです。光コラボレーション業者というのは、フレッツ光の回線を利用して他の業者がインターネット回線業者に参入するということです。ソフトバンクも携帯の回線業者なのですが、これからはインターネット回線の方が儲かるということでインターネット回線事業に参入しているということになります。

 

 

なのですが、フレッツ光の回線を利用しているので、フレッツ光からソフトバンク光への乗り換えの場合は物理的に変わることはありません。なので工事が不要ということで乗り換えにはお金が掛かりません。またソフトバンク光はフレッツ光への違約金も支払うということを明言していますが、実際は内通しているようなものなので、ソフトバンク光とフレッツ光の間で合意があるだけのことです。

 

 

しかし、ソフトバンク光からすれば違約金の肩代わりと言ったほうが宣伝効果があるということでそのように明言しています。
ソフトバンク光は営業に力を入れていて、個人宅の訪問や、個人宅に電話を掛けるということを行っています。

 

 

契約時の注意点

 

しかし、営業の人と契約するということや、店舗での契約はあまりおすすめできません。よくわからないままにオプションを付けられるということもありますし、インターネット上で代理店などから契約した方がメリットが多いでしょう。工事費無料などのキャンペーンもありますし、工事費だけでなくキャッシュバックなどのキャンペーンでもお得の場合が多いです。

 

 

また店舗や営業の人との契約は人件費が乗ってくる場合が多く、それはオプションという形であらわされます。オプションは顧客にとってまったくメリットがないどころか月額が増えるだけでまったく無駄というものがかなり多いのです。キャッシュバックの条件にしてくるような場合もあるのですが、そのような条件ではあまり契約しない方が良いでしょう。

 

 

そういったことはインターネット上で情報を得ることができるのですが、店舗や営業の人と契約すると情報がないので言われるがままに契約してしまったりします。それはもったいないでしょう。なのでインターネットで調べながらインターネット上で契約した方が良いということになります。インターネット回線だけでなく多くのサービスは最近はインターネット上で契約した方がお得です。

 

 

初期費用を抑えるコツ

 

初期費用を抑えるにも工事費などがなるべくかからない代理店を探すというのが重要です。
工事に関しては、過去にはソフトバンク光の工事が遅れるという問題がありました。せっかくもとの業者を解約したのに、ソフトバンク光の工事が数カ月遅れているせいで、数カ月間インターネットが利用できないということも数年前にはありました。ソフトバンク光はまだできて数年のサービスなので、サービスの開始当初は、利益を優先し過ぎて回線工事が滞るということが多かったのです。

 

 

利益を優先するというのは回線の安定性などよりも、新規に顧客を獲得するための営業に力を入れるということで、実際一気に多くのユーザーを獲得しました。しかし結果的に工事が遅れて回線がパンクするということで、多くのユーザーが不満を抱きました。しかし現在は工事が遅れるということもなくなり、ユーザーも満足しています。

 

 

代理店はエヌズカンパニーなどが人気ですが、これは時期にもよるので自分が契約するときに調べるということになります。調べ方はまとめサイトで比較しているようなものがわかりやすいのですが、そのサイトというのは広告収入が目当ての人が書いています。なので、広告を出している業者をひいきするという面があるので、そのことには注意を払った方が良いでしょう。

 

 

ただ業者が書いているものよりは第三者が客観的な目で書いているものですし、複数のサイトを比較するということによって、共通項を探すことができます。基本的には多くの人が書いているサイトのなかで、共通する部分は信憑性が高いでしょう。確実というわけではないのですが、多くの人が同じように勘違いするということはあまりないでしょう。

 

 

なので、共通項を探すということでサイトを比較検討していくと良いです。あとはキャッシュバック金額だけに影響されないということで、キャッシュバックの条件になるオプションや、受け取りの手続きを考えるということも重要です。受け取りの手続きをわざと煩雑にして受け取り率が3割を切っているような業者もあります。3割を切るというのはかなり最悪な業者なのですが、事実なので、そういったことも含めて口コミを確認するということが重要になります。業者はデメリットを書かないのでそういうことです。